アクティブ投資とは?そのメリットとデメリット

スポンサーリンク
投資の勉強

前回、インデックス投資についてご紹介しました。

インデックス投資とは株価指数に連動する投資信託を買うことで、別名パッシブ投資とも呼ばれています。

一方で、インデックス(パッシブ)投資の対になる投資手法としてアクティブ投資と呼ばれる方法もあります。

この記事では、アクティブ投資についてご紹介します。

アクティブ投資はインデックス投資と比較すると、上手くいけば大きな利益が得られる可能性がありますが、難しいものでもあります。

そのメリットとデメリットについてご紹介します。

ぜひ最後までご覧ください。

 

 

結論

 

アクティブ投資とは、
株価指数を上回る成績を目指す投資。
ただし、上手くいくとは限らない。
ずーぼ
ずーぼ

アクティブ投資で長期間に渡ってインデックス投資の成績を上回ることは、大変困難です。

アクティブ投資とは

 

投資信託のアクティブ投資とは、運用目標とする株価指数(インデックス)を上回るように運用して成果を上げることを目指す手法のことです。

一般的に日本株では日経平均やTOPIXなどの指数を目標とされる場合が多いです。

 

それでは、アクティブ投資をするメリットとデメリットをみてみましょう。

アクティブ投資のメリット

アクティブ投資をするメリットは大きく2つあります。

1.インデックス投資よりも高いリターンが得られる可能性がある

アクティブ投資では、目標とする株価指数を上回る運用を目指します。

そのため、上向きの市場の場合、インデックス投資よりも高いリターンを得られる可能性があります。

また、将来性を期待して投資している銘柄が予想通りに成長した場合も、利益が大きくなります。

もちろん、このメリットを享受するためにはどの投資信託を選ぶかということが大切になります。

どれを買っても高いリターンを得られるわけでは決してありません。

 

2.株価が下落した時にインデックス投資よりも下落幅が小さい可能性がある

アクティブ投資では、○○ショックと呼ばれるような市場が急落した場合でも目標とする株価指数よりも大きく下回ることがないように制御してくれる可能性があります。

 

アクティブ投資のデメリット

アクティブ投資をするメリットは大きく3つあります。

1.株価指数を上回ることを目指すためリスクは高くなる可能性がある

アクティブ投資ではファンドマネージャーと呼ばれる専門家による運用が行われます。

そのためファンドマネージャーの手腕が運用成績に直結するということになります。

また、投資できる金融商品もさまざまなものがありますので、運用成績にはかなりバラつきがあります。

ハイリターンを見込める分、リスクも高くなり、相応の損失が発生する可能性もあります。

 

2.運用成績がマイナスでも株価指数を上回っていたら評価が高くなる

運用成績が下落した場合であっても、目標とする株価指数を上回ることを目指して運用されますが、その結果としてファンドとしての評価が高いとしても、必ずしも収益につながるわけではありません。

 

3.コスト(手数料)が高い

最大のデメリットはコストが高いことです。

アクティブ投資では、ファンドマネージャーによる情報収集や調査、分析に加えて積極的な銘柄の売買や入れ替えなどが行われます。

そのため、運用にかかるコストが割高になりやすいです。

インデックス投資では、運用管理費用である信託報酬は安いものでは0.1%程度からあります。

一方でアクティブ投資では、概ね1%程度から高いものでは3%程度のものまであります。

それに加えて購入時の手数料も高い傾向にあります。

こういったコストは長期投資をすればどんどん積みあがっていきます。

そして運用成績が悪くても良くてもかかってきます。

つまり、アクティブ投資で長期間に渡って高い手数料を払い続けるのはどうなのかなと考えています。

 

最後に

アクティブ投資についてご紹介しました。

ポイントは、以下の3点です。

・アクティブ投資とは株価指数を上回る成績を目指す投資
・必ず株価指数を上回る訳ではない
・とにかくコストが高い

 

アクティブ投資で長期間に渡ってインデックス投資の成績を上回ることは大変困難です。

これについては実際に各種データから明らかになっています。

そういった意味でもインデックス投資をおすすめします。

 

以上、アクティブ投資についてでした。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました