銀行とは何か?意外と知らない役割と機能について勉強してみました

スポンサーリンク
基本の勉強

銀行口座なんて1つも持っていないという人はいないと思います。

給与の振り込みはもちろん、家賃か住宅ローン、それに税金、クレジットカードの引き落としなど、日常生活では必ずと言っていいほど銀行を使っています。

 

そんな身近な存在である銀行ですが、多くの方は預貯金と引き出し、住宅ローンを借りるくらいしか利用していないのではないでしょうか。

私もそんな1人でした。
そのため、銀行の役割や仕組みについてはほとんど無知でした。

この記事では、そんな銀行の役割や機能について勉強してみました。
そして銀行との付き合い方(距離感)について考えてみました。

 

結論

 

銀行はお金を行き渡らせるポンプの役割
3つの機能を持っている
・金融仲介機能
・信用創造機能
・決済機能

 

そもそも銀行とは

ずーぼ
ずーぼ

身近な存在ですが、いろいろな役割を担っています。

 

銀行の仕事内容を一言で言うならば、

「お金が余っているところ」から

「お金が足りなくて必要としているところ」へ

お金を融通する仕事になります。

 

そのため、銀行は「金融」業と呼ばれています。
金融=お金を融通する
ということですね。

銀行には世の中にお金を行き渡らせるポンプのような役割を果たし、経済を動かしています。

 

金融仲介機能とは

銀行は、お金の出し手であるわれわれのような預金者から預かったお金を基にして、借り手である企業または家計などに審査を実施したうえで貸し出しを行います。

このような仕組みがあるため、企業は設備投資などに充てる資金を確保することができ、われわれ個人は住宅ローンを組んでマイホームを購入することができます。

こうした機能のことを「金融仲介機能」と呼びます。

たとえば、われわれ個人がお金を借りたい人に直接貸すことはできるでしょうか。
やろうと思えばできます。
しかし、普通はそのために必要なノウハウや知識を備えていないことが多いです。

それに加えて貸したお金が回収できなくなる危険性もあります。
銀行は長年の事業から得てきたノウハウを基にして融資することができるかどうかを判断することができます。

もちろん、融資した資金をすべて回収できるわけではありません。
回収できずに不良債権化することもあります。
ただし、個人がお金を貸す場合と比較すればその確率は低く抑えられています。

会社の業績や状態をみて融資するかどうかを判断するのは、まさに「半沢直樹」の世界ですね。

 

信用創造機能とは

銀行には信用創造機能もあります。

それでは、信用創造とは具体的にどうゆうことでしょうか。

日常生活ではあまり聞きなれない言葉ですよね。

 

信用創造とは、発行された通貨以上のお金が貸し出されることによって、世の中で利用されるお金の量が増加する仕組みのことです。

これだけではいまいちピンときませんよね。
もう少し具体的にみていきましょう。

 

たとえば、私がA銀行に100万円預金したとします。
銀行では預かったお金のうち、預金準備率を除いたお金を貸し出しに使います。
ここでは預金準備率を10%と仮定すると、90万円が貸し出しに利用されます。

90万円を企業Bに貸し出したとします。
企業Bは90万円を事業に使い企業Cの支払いに充てたとします。
企業Cはこの90万円をD銀行に預金します。

するとD銀行はそのうち預金準備率を除いた81万円を貸し出しします・・・

というふうに繰り返されていくと、最初に私が預けたA銀行の100万円が全体で預金1000万円へと変化していくことがわかります。

預金準備率は10%の場合、最大で銀行全体の預金が10倍まで膨れ上がります。

こまかな数値は例なのでいいとして、ここで言いたいのは信用創造機能によって世の中全体でのお金の量を増やすことができるという点です。

 

決済機能とは

銀行の役割として決済機能も大切なものです。

これが一番身近な機能になります。

決済機能とは、銀行の預金口座を利用して口座振替によって送金ができたり、公共料金や税金の支払いをしたりすることです。

 

これらの銀行が担っている3つの機能は、銀行に信用があるからこそできるものです。

われわれの日々の生活や社会を支えてくれているんですね。

まとめますと以下のようになります。

 

最後に

銀行がわれわれの生活になくてはならないものであるということがよくわかりました。

最後にそんな銀行との付き合い方(距離感)について考えてみたいと思います。
銀行と付き合わないということは現代社会においてできないことです。

とは言え、銀行にお金を預けても金利はきわめて低いです。
お金を増やすという観点からは銀行は非常に使いずらいものになってしまっているのが実情です。

そのため、給料振込口座には当面の生活費と何かあったときのための生活防衛費用を残して、その他はネット銀行や証券口座に移す方がいいと考えています。

そういった貯金の仕方や証券口座に移した後の投資のやり方については今後学んだ内容やわが家の実例を踏まえてまとめていきたいと思います。

 

以上、銀行の役割と機能について勉強してみました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました