キャッシングは現金のこと?その仕組みを勉強してみました

スポンサーリンク
基本の勉強

クレジットカードを作成すると、必ずと言っていいほど「キャッシング機能」が設定されています。

それでは、このキャッシングとは何でしょうか?

キャッシュなので、現金払いのことでしょうか?
(カードと矛盾しますね・・・)

 

この記事では、そんなクレジットカードのキャッシングの仕組みについて紹介します。

ぜひ最後までご覧ください。

 

結論

 

キャッシングとは、
カードを使って現金を引き出せる機能
その実態は高金利の借金
基本的に使ってはいけない!
ずーぼ
ずーぼ

リボ払いと同じくキャッシングもカード会社を儲けさせるためのツールです。
使ってはいけません。

 

クレジットカードのキャッシングとは

クレジットカードのキャッシングとは、カードに付いている借金できる機能のことです。

 

クレジットカードを申し込むと、買い物で使用する「ショッピング枠」とは別に、「キャッシング枠」が設定されています。

たとえば、このキャッシング枠が30万円であれば、30万円までは借金することができます。

ここで注意すべき点としては、ショッピング枠とキャッシング枠は、それぞれつながっている点です。

キャッシング枠を使って現金を引き出すと、引き出した金額分がショッピング利用枠から差し引かれます

つまり、キャッシング枠はショッピング枠の一部であり、ショッピング枠以上にはお金を引き出すことはできないということです。

 

キャッシングを利用するときは、カード会社と提携しているATMにクレジットカードを入れて、画面を操作するだけで案外簡単に現金を手にすることができてしまいます。

しかし、問題なのはこのキャッシングを利用すると、どの会社のサービスにしても、かなり高い金利が付いてしまうことです。

では、実際にどのくらいの金利が付くのかをみてみましょう。

 

キャッシングの金利

キャッシングの金利はクレジットカードによってさまざまに設定されています。

具体的に代表的なクレジットカードの金利を確認してみましたのが下の表です。

クレジットカード 金利
楽天カード 18%
三井住友カード 15〜18%
イオンカード 7.8~18.0%
Yahoo!JAPANカード 18%
JCBカード 15~18%

 

大体のカードで18%の金利がかかります。

これは非常に高い金利です。

しかも、金利の表記は各社あまり大きくは書いていないですね・・・

 

【金利についてはこちらをご覧ください】

404 NOT FOUND | お金の勉強ブログ

 

カードローンと何が違う?

キャッシングとカードローンは同じもののように思われがちですが、別物です。

カードローンとは、銀行や消費者金融などの金融機関が提供する貸付のことであり、「融資」になります。

そのため、あらかじめ利用者に対して審査を行い、その限度枠内については専用カードを使って借り入れたり返済したりすることを自由に行えます。

 

カードローンと比較すると、キャッシングは引き出せる現金の利用額は小さいのが一般的です。

違いを簡単にまとめました。

  キャッシング カードローン
ショッピング枠の有無 あり なし
借入の利用枠 小さい傾向 大きい傾向
金利 高い傾向 低い傾向

 

キャッシングは基本的に使わない!

キャッシングは便利な機能だとは思います。

ATMでの簡単な操作で現金を引き出せるため、預金を引き出す感覚で使ってしまうこともあるでしょう。

 

しかし、キャッシングはまぎれもなく金利が高い借金です。

基本的には使ってはいけません。

 

CMやネット広告などで盛んに宣伝されていて、あまり借金だという感覚がない方もみえるかもしれません。

あれだけ広告が打てるのは貸す側(カード会社)が儲かるからです。

 

もしも、使うとすれば以前にはよく、「海外へ行った際に現金が必要な場合」などと言われていましたが、このご時世では当分海外に行くこともできないでしょう。

そのため、使わないのが一番です。

 

特に生活費のためなどの普段使いには絶対に使わないようにしましょう。

キャッシングに頼る生活を続けると、多額の借金を抱えることにつながってしまいます。

 

最後に

キャッシングは、クレジットカードを使って借りれる高金利な借金とは言わずに、あくまで「キャッシング」と呼び、明るい雰囲気のCMを打つことで、悪い印象を与えないようにしていると個人的には思っています。

しかし使っても儲かるのはカード会社だけです。
(CMや広告を打っている人もですかね)

 

世の中の仕組みを知って、損をしないように生活していきたいものですね。

 

以上、キャッシングについてでした。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました