経済指標の読み方:景気動向を知る景気動向指数と日銀短観

スポンサーリンク
投資の勉強

前回、経済指標としてGDPと経済成長率をご紹介しました。

GDPとはその国の経済規模を計る指標でした。

経済の指標とともに知っておきたいものとして、景気に関する指標があります。

これを知ることによって、景気がいいとか悪いといったものを定量的に知ることができます。

 

この記事では、景気の指標として景気動向指数と日銀短観についてご紹介します。

ぜひ最後までご覧ください。

 

 

結論

 

景気動向指数とは、
景気の状況を総合的にみるための指標。
日銀短観とは、
日銀が企業に実施するアンケート結果。
ずーぼ
ずーぼ

これらの指標を組み合わせてみることで景気の先行きを考えることができます。

 

景気動向指数とは

 

景気動向指数とは、

景気の状況を総合的にみるために、産業、金融、労働などの経済に重要かつ景気に敏感な複数項目の指標を統合した景気指標のことです。

景気動向指数は内閣府が毎月発表しています。

 

景気動向指数には、2種類の指数があります。

それが、コンポジット・インデックス(CI)とディフュージョン・インデックス(DI)です。

【CI:コンポジット・インデックス】

CIとは、景気動向の大きさやテンポ(量感)を判断するための指標です。

基準とした年を100として比較します。

前月の数値と比較して大きく増加、または減少している場合は、急ピッチで景況が変化していると考えることができます。

構成する指標の動きを合成し、景気変動の大きさや量感を測定することを主な目的とした指標です。

【DI:ディフュージョン・インデックス】

DIとは、景気の変化の方向性を判断するための指標です。

3か月前と比較して構成されている指標が上昇しているときは「1」、下落しているときは「0」、横ばいであるときは「0.5」として計算します。

この指標では、プラスの占める割合が50%を上回っていれば景気拡大の局面、50を下回っていれば景気後退の局面と判断できます。

各経済部門に対する景気の波及の度合を測定することを主な目的とした指標です。

 

従来は、DIを中心に発表されていましたが、現在はCIを中心に発表されるようになっています。

 

また、景気動向指数は、3つの系列で構成されています。

それが、先行指数、一致指数、遅行指数です。

【先行指数】

景気に先行して動く指数です。

たとえば、新規求人数はその代表例です。

景気が良くなり始めると企業が雇用を増やすため、新規求人数は増加する傾向にあります。

主な先行指数は以下の通りです。

  • 新規求人数
  • 実質機械受注
  • 新設住宅着工床面積

 

【一致指数】

景気とほぼ一致して動く指数です。

主な一致指数は以下の通りです。

  • 有効求人倍率
  • 鉱工業生産指数

 

【遅行指数】

景気に対して遅れて動く指数です。

主な遅行指数は以下の通りです。

  • 法人税収入
  • 完全失業率
  • 家計消費支出

 

これだけ読んでも、わかったようなわからないような感じだと思いますので、実際に内閣府の統計データを確認してみましょう。

統計表一覧:景気動向指数 結果 - 内閣府
内閣府経済社会総合研究所公表の景気動向指...

5月12日に2021年3月分のデータが更新されています。

3月分速報の概要をみますと、3月のCIは、

先行指数:103.2

一致指数:93.1

遅行指数:93.3

となっています。

景気動向指数(CI一致指数)は改善を示しているということですが、一致指数の推移は昨年の4月にコロナの影響で大きく落ち込んでから充分には回復していません。

4月、5月と再び緊急事態宣言が出て、経済活動が縮小する方向に動いていますので、恐らく今後は一致指数が再び低下するのではないかと思います。

4月の速報値が出たところで確認していきたいです。

 

日銀短観とは

つには日銀短観です。

日銀短観とは、

正式には「全国企業短期経済観測調査」と言います。

その内容は、日本銀行が年4回(3、6、9、12月)、景気の現状と先行きについて企業に直接アンケート調査を行い、その集計結果や分析結果をもとにして日本の経済を観測するものになります。

調査では全国の大手企業と中小企業、製造業と非製造業などで分けて、約1万社を対象に行われます。

企業業績や設備投資の状況、雇用などについて実績と今後の見通しを聞きます。

短観は回収率が高く、調査の翌月に公表(12月調査のみ当月に公表)されることが特徴です。

この結果は景気動向を占ううえで重要な経済指数となっています。

 

日銀短観では先ほどご紹介したDI(ディフュージョン・インデックス)が使用されています。

こちらも実際にみてみましょう。

短観 : 日本銀行 Bank of Japan

2021年3月の概要では、9,478社に調査を行い回答率は99.0%です。

非常に回答率が高いことがわかります。

業況判断DIでは製造業の大企業を除き、悪い側に推移していることがわかります。

景気動向指数と同じように厳しい現実を改めて知ることができます。

 

最後に

景気動向指数と日銀短観についてをご紹介しました。

ポイントは、以下の3点です。

・景気動向指数とは景気状況を総合的にみる指標
・日銀短観は日銀が企業に実施しているアンケート結果
・どちらをみても厳しい現実がよくわかる

 

これらの指標はその推移をみていくことで先行きを知ることができます。

代表的な指標は、発表されればニュースになりますし、ご自身でも定期的に確認していくといいでしょう。

 

以上、景気動向指数と日銀短観についてでした。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

タイトルとURLをコピーしました