ふるさと納税は生活必需品をもらってお得に生活しよう

スポンサーリンク
その他

ふるさと納税はさまざまな返礼品があります。

利用されている方も多いのではないでしょうか。

ただ、さまざまな返礼品があるため、どれを選ぼうかと迷ってしまいますよね。

返礼品の中では高級なお肉などの食品が目立ちます。

よく雑誌やTVなどのメディアでもそういったものが取り上げられています。

 

しかあい、贅沢なお肉などよりも普段使うお米や日用品を受け取ることで、生活費を下げることができます。

この記事では、お米などの生活必需品をメインに返礼品のおすすめを紹介します。

ぜひ最後までご覧ください。

 

結論

 

おすすめは、
お米やティッシュ、トイレットペーパー
などの生活必需品
 

 

ふるさと納税とは

まず、ふるさと納税について簡単に説明します。

ふるさと納税とは、自分が応援したい自治体(出身地である必要はなく、縁もゆかりもなくても大丈夫です)に寄付をして特産品などを受け取れる制度です。

税制上は、寄附金控除を利用する寄附の一種です。

寄附金のうち2000円を差し引いた分が控除対象になります。

つまり、実質負担2000円で寄附ができ、返礼品がもらえるお得な制度です。

 

寄附金控除は通常、確定申告が必要ですが、ふるさと納税は寄附先の自治体に申請書を送るだけで済むワンストップ特例制度が利用できます(ただし寄附先が5自治体以内の制約あり)。

ここまでは多くの方がご存じかと思います。

では、つぎにどこから返礼品をもらうとお得なのかを考えてみましょう。

 

おすすめの返礼品

それでは、返礼品を選んでいきたいところですが、返礼品はたくさんありすぎて、どれを選んだらいいのか迷ってしまいます。

各自治体も寄附金を募るために、さまざまな返礼品に力を入れているため、種類も多く、とてもすべてを見ることはできません。

 

効率的にお得な返礼品を見つけようとしたときに目安となるのが、「還元率」という指標です。

還元率は、納税額に対しての返礼品の価値がどのくらいかを表したものです。

 

還元率は、以下の計算方法で算出されます。

還元率(%)=返礼品の実売価格(送料含む)÷ふるさと納税の寄附金額(円)

2019年に「返礼品は寄付額の30%」と規制が入ったため、一般的な平均の還元率は30%で設定している自治体が多いようです。

 

しかし、還元率の高い返礼品の中にはお肉やカニなどの高級食材が多数ありますが、このような高級食材は、元の値段が高いため量が物足りない場合が多いです。

一食とは言いませんが、何食かで食べきってしまいます。

 

そのため、返礼品を選ぶ際には、安くて、量があって、賞味期限が長く(もしくはない品)無駄なく使い切れるものがおすすめです。

具体的には、毎日食べるお米や、保存が効く乾麺、そして普段使いをするティッシュやトイレットペーパーなどを選ぶとお得な生活が送れます。

 

それぞれをより具体的にみていきましょう。

 

お米

まずは、お米です。

お米は主食として食べるものなので、最有力候補です。

ブランドによって多少上下しますが、現在の相場では1万円あたり10kgが主流です。

 

お米は多くの自治体が返礼品としています。

その中には定期発送をしてくれる自治体もあります。

定期発送とは一度にすべての量を発送するのではなく、例えば1か月おきに10キロずつ送るなどして、年に数回届くというものです。

お米は長期保存すると虫が湧いたりするリスクもあるため、定期でもらえる方が品質的には安心です。

ただし定期発送は少々割高な場合が多いです。

 

我が家では便利な無洗米を

  • 山形県村山市
  • 秋田県仙北市

などからもらっています。

ふるさと納税を始めてから、お米をスーパーで買ったことがありません。

1年中、ふるさと納税でもらったお米を食べています。

いろいろな土地のさまざまな品種を食べることができます。

 

乾麺

お米と同じくに主食として活躍してくれる麺類もおすすめです。

特に乾麺は長期保存が効きますので、お米よりも使い勝手がいいかもしれません。

我が家では娘が麺類好きのため、それもあって重宝します。

現在の相場は1万円で2~3キロ程度です。

  • 秋田県横手市
  • 長崎県南島原市

からうどんやそうめんをもらっています。

 

ティッシュ

ティッシュも消費の多い日用品です。

花粉症の私はよく使いますし、子どももよく使います。

また、かさばるため、買い物時には荷物になるため、ふるさと納税でまとめて家まで届くと大変助かります。

現在の相場は1万円から1万5千円で60箱程度です。

  • 北海道苫小牧市
  • 静岡県富士市

がおすすめです。

 

トイレットペーパー

トイレットペーパーもティッシュと同じく消費の多い日用品です。

現在の相場は1万円から1万5千円で70~100ロール程度です。

ここ最近は在宅勤務が多いため、ティッシュやトイレットペーパーの減りが早いなと感じます。

そんなときでも、たくさん届くので安心です。

  • 北海道苫小牧市
  • 静岡県富士市

がティッシュと同じくおすすめです。

製紙工場がある地域ですね。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

ふるさと納税では、高級食品がクローズアップされがちですが、今回ご紹介した生活必需品をもらった方が家計が助かり、お得な生活が送れます。

もちろん、本人が欲しい品をもらうのが一番です。

ただ、その中にこうした生活必需品を入れることも考えてみてはどうでしょうか。

 

以上、ふるさと納税についてでした。

 

タイトルとURLをコピーしました