投資信託とは?何に投資し、だれに信託しているのか

スポンサーリンク
投資の勉強

「投資をしよう!」

そう考えたときに、多くの人がまず投資の候補として考えるのが、

  • 株式投資
  • 投資信託

ではないでしょうか。

株式投資は、株式会社の株を買うことですので、ある程度イメージがしやすいかもしれません。

 

では、投資信託はどうでしょうか、何に投資をして、一体だれに信託しているのでしょうか?

投資信託と言われてパッとイメージが浮かぶでしょうか?

 

この記事では、投資信託の基本的な仕組みとメリット、デメリットについてご紹介します。

ぜひ最後までご覧ください。

 

結論

 

投資信託とは、
株式などの複数の商品の投資と運用を
投資の専門家に依頼すること。
ずーぼ
ずーぼ

ただし、投資の専門家に依頼する=必ず儲かる、ではありませんのでご注意ください。

 

投資信託とは

 

投資信託とはその名の通り、

「投資」を「信じて託す」ことになります。

もう少しかみ砕いて言うと、

投資信託とは、複数の投資家から集めた資金を、投資の専門家であるファンドマネージャーに株式や債券などの金融商品の売買と運用を託すことになります。

そして、その運用成果を投資家それぞれの投資額に応じて受け取れるというものです。

 

投資信託の運用成績は市場環境や投資をした商品によって変わります。

運用が上手くいかずに投資した金額が減ってしまうということもあり得ます。

投資の専門家(ファンドマネージャー)に売買と運用を依頼する=必ず儲かる、という訳では決してありません。

つまり、投資信託は預金とは異なり、元本が保証されている訳ではありません。

この点には充分に注意が必要ですが、間違った商品選定をせずに長い投資期間をかければ、それほどリスクが高いものではありません。

 

つぎに投資信託のメリットとデメリットをみてみましょう。

投資信託のメリット

投資信託のメリットとしては大きく2つあります。

  1. 少額から投資をすることができる
  2. 世界中のさまざまな金融商品に分散投資できる

 

通常株式投資をしようとすると、100株単位での売買になりますので、ある程度まとまった金額が必要です。

まとまった金額とは、投資する会社の株価にもよりますが、数万円から100万円を超える場合もあります。

そして、そのまとまった金額を1社に投資するわけですから、株式投資で分散投資をしようと思ったら相当の金額が必要になってしまいます。

 

一方で投資信託は少額(1万円や1000円から買える場合もあります)から投資をすることができ、投資信託の中でさまざまな金融商品に分散投資をしてくれますので、容易かつリスクを下げることができます。

 

なぜ分散投資が必要かということですが、ある1社に集中投資をすると、その会社が成長し株価も上昇すればいいのですが、反対にその会社の業績が悪くなって株価が下がったり、不祥事などが生じると大きな損失を被るためです。

つまり、分散投資をすることでリスク(不確実性)を下げることができます。

 

投資信託のデメリット

つぎに投資信託のデメリットとしても大きく2つあります。

  1. コスト(手数料)がかかる
  2. タイムリーな売買はできない

 

すでに記述した元本保証がない点もデメリットと言えばデメリットになります。

ただ、これは投資全般に言えることですので、投資信託のデメリットとまでは言えません。

 

投資信託を買って保有する場合、手数料という名のコストがかかります。

まずは買うとき。

これは投資信託によって異なりますが、販売手数料がかかるものがあります。

また、保有している間は信託報酬というコストがかかります。

これはファンドマネージャーに運用を任せているため、当然かかるものですが投資信託によっては非常に高いものがあるため注意が必要になります。

 

そして投資信託は株式とは異なり、タイムリーな売買はできません。

投資信託の価格出る基準価格は1日に1回決まりますので、適用される基準価格がわからない状況で売買の申し込みをしなければなりません。

長期投資が前提であればまったく問題になりませんが、株式とは違う点として知っておいた方がいいでしょう。

 

投資信託はどこで買えるか

投資信託は、少し前までは証券会社と投資信託の運営や管理を行う投信会社でしか買うことができませんでした。

そのため、買いたい投資信託のためにわざわざ投信会社に口座を開設しなければならないこともあり少々面倒でした。

 

しかしいまでは、証券会社と投信会社に加えて、銀行や保険会社、郵便局や農協などの多くの金融機関で購入することができます。

ただし、窓口へ買いに行くと、その金融機関で売りたい商品(その多くは手数料が高く金融商品が売って儲かる商品)をすすめられることが多いため、ネット証券で買うことをおすすめします。

いまではネット証券で投資信託をはじめ非常に多くの金融商品を簡単に買うことができます。

いい時代になったものです。

 

 

最後に

投資信託の基本的な内容をご紹介しました。

ポイントは、以下の3点です。

・投資信託とは専門家に運用を任せる仕組み
・少額から分散投資が可能
・あくまで投資なので元本保証ではない

 

投資信託の仕組みやネット証券で買えばいいことはわかったけれど、実際に買う場合は何をどうやって買えばいいのでしょうか。

それについては次回以降でご紹介していきます。

 

以上、投資信託についてでした。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました