平均年収はいくらくらいなのかを勉強してみました

スポンサーリンク
基本の勉強

前回の給料とは何かで給料と給与、賃金の言葉の定義を勉強しました。
今回は給料(年収)の平均値および中央値を勉強しようと思います。

俗に言う平均年収ですね。
気になりますよね。
ただし、統計学上の用語で平均値と中央値というものがあり、必ずしも一致しまぜん。

この記事では、その辺りも含めて勉強していきます。

前回分はこちらからどうぞ。

平均年収はいくらくらいなのかを勉強してみました
平均値と中央値について、そして国税庁の民間給与実態統計調査などから実際の平均年収と年収の中央値を勉強してみました。

 

結論

 

・平均年収は436万円
・ただし平均値よりも中央値の方が感覚的には近い

 

平均値と中央値

まずは平均値と中央値について勉強してみましょう。

平均値とは、データの合計をデータの個数で割って得られる値のことです。
日常生活でもよく使う言葉だと思います。

一方、中央値とは、データを大きさの順番に並べたときに、ちょうど真ん中になる値のことです。

 

定義だけではわかりにくいですね。
例でみてみましょう。

Aさん、Bさん、Cさん、Dさん、Eさんの5人がいたとしてそれぞれの年収が以下のような場合を考えます。

  年収
Aさん 300万円
Bさん 400万円
Cさん 400万円
Dさん 500万円
Eさん 2000万円

この場合、

 平均値は
(300+400+400+500+2000)/5=720万円
になります。

 中央値は、
 300,400,400,500,2000の真ん中なので、400万円
になります。

やや極端な例ですが、ここからわかることは一部の人が大きな値であるとき、平均値はそれに引っ張られて大きくなりがちということです。
その場合、中央値の方が感覚的にしっくりくると思います。

 

平均年収は

ここで、実際の平均年収がどのくらいかをみてみます。

国税庁の民間給与実態統計調査によると、令和元年(2019年)の給与所得者5990万人の平均年収は436万円ということです。
これは前年から1%減少しています。

出典:国税庁

また、年齢別でみますと、男性では20代より30代、30代より40代、そして40代より50代が高くなっており、年功序列が維持されていることがわかります。
それ自体がいいか悪いかは議論になるところではありますが、まだまだ機能しているということがデータから読み取れます。

出典:国税庁

 

年収の中央値は

次に年収の中央値をみていきます。
ここでは厚生労働省の国民生活基礎調査の結果からみていきます。

ここで注意すべきは世帯での所得である点です。
共働きであるなど、複数の人が働いていれば世帯所得は増えますので、先ほどの平均年収よりも平均所得金額が大きくなります。

ただし、平均所得金額が552万円に対して、中央値は437万円になっています。
平均値と中央値で100万円以上違うことになります。
思っていた以上に違うと感じますが、いかがでしょうか。

出典:厚生労働省

 

最後に

給料(年収)について各統計資料をみてみました。
雑誌やTV番組でもよく平均年収が〇〇万円などという見出しが出ているものです。

それらも各種統計資料から抽出しているはずですが、こうして1次データをみることはあまりないのではないでしょうか。
平均値と中央値の違いと合わせて、自分で統計資料を調べてみることも大切だとわかりました。

 

以上、年収の平均値と中央値について勉強してみました。

 

タイトルとURLをコピーしました