なぜ会社は株を発行するのか?会社が株を発行する理由

スポンサーリンク
投資の勉強

ネット証券などを通じて気軽にできる株式投資ですが、そもそも会社はなぜ株を発行ですのでしょうか?

そんな当たり前のようで知らない事が、ふと疑問にわきましたので、勉強してみました。

 

この記事では、会社が株を発行する理由について紹介します。

株を発行するによるメリットが大きいのですが、もちろんデメリットもあります。

ぜひ最後までご覧ください。

 

結論

 

会社が株を発行するのは、
返済しなくてもよいお金を集めたいから
ずーぼ
ずーぼ

株を買うということは、

その会社のオーナーの1人になるということです。

 

株の成り立ち

株式会社の起源はオランダの「東インド会社」と言われています。

世界史の授業で習った方も多いのではないでしょうか。

1602年のことです。

日本では関ヶ原の戦いが終わり、江戸幕府が開く前のことですね。

 

当時は大航海時代。

航海に出ることは大きなビジネスを開拓できる可能性がありました。

ヨーロッパの国々は航海してたどり着いたアジアから香辛料を持って帰れば莫大な利益を得ることができました。

しかし一方では、船員の雇用や船の生産費などの必要なコストも高く、また遭難や略奪などのリスクも非常に大きいものでした。

さらに、航海を行っても何の成果も得られないこともありました。

 

そこで、たくさんの出資者を募り、その出資した金額に応じて、航海の後に利益を分配するという方法が考えられました。

そして、航海が失敗すると出資した金額は戻ってきませんが、そのリスクを多くの人で共有することで個々での負担を減らすことができました。

この出資こそが現在の株の原型となっています。

昔はいまの株のイメージとは少し異なり、保険の意味合いが強かったということです。

 

なぜ株を発行するのか

東インド会社の時代もいまも会社が株を発行する理由は、

事業に必要なお金を集めたいからです。

しかも銀行からの借り入れとは異なり、返済の必要がないお金になります。

 

では、株を発行するメリットとデメリットをみてみましょう。

株を発行するメリット

株を発行するメリットは何と言っても、返済義務のないお金を集めることができる点です。

またこれには担保や保証人も必要ありません。

そして配当金の支払いも義務ではありません。

利益があるときに支払えばよいのです。

もちろん、株主から要求されることもありますが。

 

さらに資本金の増加によって、自己資本を充実できるため、企業の財務体質の改善や対外的な信用力も高まるといったメリットがあります。

 

株を発行するデメリット

株式を発行すると、出資者の要望に経営が左右されることがあります。

また、長期的な企業の利益だけでなく、目先の株価上昇を目的とした短期的な業績拡大を要求されることもあります。

さらに株を発行し、上場している会社はだれでも株を買うことができますので買収されるというリスクもあります。

 

株主とは

会社にお金を出資して、その会社の株を買った人のことを「株主」といいます。

株主にはさまざまな権利が発生します。

株主の権利は3つあります。

  1. 株主総会に参加して議決に加わる権利
  2. 配当金などの利益分配を受ける権利
  3. 会社が解散したときは、残った資産を分配して受け取る権利

以前にお伝えしたインカムゲインは株主の2の権利ということです。

 

 

最後に

会社はお金を集めて事業を起こしたり、拡大してさらに収益を得るようになります。
(もちろん失敗する場合もあります)

それが上手くいけば会社の株価は上がります。

そのため株を発行する会社があれば、その株を買う人が出てきます。

こんなサイクルになります。

 

会社が株を発行する理由がおわかりいただけたでしょうか。

 

以上、株式を発行する理由についてでした。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました